酵素サプリの効果って?

酵素サプリの効果って?飲むと身体にどんな変化が期待できるの?その役割とは。

酵素サプリの効果とその意義は?

酵素サプリを摂ることによる効果とその役割っていったいどんなものなのでしょうか?

 

酵素サプリを飲むと、どのような変化があらわれるのでしょうか? 

 

なによりもまず、酵素サプリを飲んで酵素を補うと、消化酵素を浪費せず、代謝に回せる量が増加するので、代謝が滞りなく行えるようになるのです。

 

新陳代謝または排泄は代謝活動ですが、これが効率よく作用するようになると、余分な栄養分あるいは脂肪を老廃物という形で体内に溜めておかずに、すばやく排出しようとします。

 

このような動きの中で、わずかな栄養分であっても効率的に吸収され、無駄なく使われるようになります。

 

 

代謝が上がれば良いことばかり!
  • 代謝活動がちゃんと働き、体がデトックスされる。
  • しっかりと満腹感を感じて、食べ過ぎることがなくなってしまう。
  • 全身の間隔が研ぎ澄まされて、味覚が正常になる。
  • 肌のターンオーバーが順調にいき、美肌になる。
  • お酒あるいはたばこがそれほど欲しく感じられなくなる。

 

 

人間の身体は約60兆もの細胞から出来ています。

 

その細胞で酵素が作られています。

 

もし枯渇してしまったら、細胞分裂をすることは不可能です。さらに各種の酵素が栄養を分解し吸収することができなくなります。

 

ミネラルを骨に変化させたり、血液を赤くしたりすることも酵素の役割なのですが、臓器から髪の毛に至るまで、あらゆるところで人間の生命活動を維持する活動を停止せざる得なくなるのです。

 

では、酵素サプリの効果と、酵素サプリを摂取する必要性について考えてみましょう。

 

まず、体内における主要な役割及び効果は以下のようなものです。

 

体内の浄化に関する効果

血液を弱アルカリ性にしたり、体内のpHを整えることで異物を排除し、腸内細菌の分布を正常に保ちます。

 

抗炎・抗菌効果

身体に傷が出来ると、白血球が病現菌と戦って新しい細胞を作りながら傷が広がるのを防ぎます。酵素が白血球と反応すると、栄養が細胞に入りやすくなります。同時に毒素が排出されやすくなるのです。なので結果として体内において抗炎・抗菌効果が期待できます。

 

分解効果

消化酵素のアミラーゼはデンプン質を、胃液の中に含まれるペプシンとトリプトシンはタンパク質をそれぞれ分解し、分解された栄養分は体中の細部まで運ばれてエネルギーになります。

 

 

このように、食べたものを消化し吸収し、栄養分を必要な場所に運んで代謝活動を行い、排泄するまでの間、それぞれの過程に深く関与しています。

 

体内であらゆる物質を変化させて生命活動に利用していくのに欠かせないものです。

 

酵素の役割は、生体内での必要な化学反応を引き起こすことにあり、その結果としてのあらゆる生物は生きているのです。

 

 

ミトコンドリアがエネルギー代謝に役に立つ

 

ミトコンドリアというものは生物の細胞に見られる小器官で、ひとつの細胞に数十〜数万存在します。

 

その最大の役目はエネルギー代謝ですが、加齢や熱で失われることから、ミトコンドリアを多数含む酵素サプリで補うと有効です。

 

エネルギー代謝に欠かすことができないミトコンドリア

 

エネルギー代謝に欠かすことができないミトコンドリア

 

しかしながら加熱すると死んでしまう

 

酵素サプリには生きたミトコンドリアがたっぷり!

 

酵素には生きたミトコンドリアがたっぷり入ってる!

 

以上のような重要な役割りを果たしていく酵素でありますが、40歳を過ぎると加齢と共にその機能が衰えていきます。

 

サプリを比較して健康に役立てよう

 

そこで、酵素サプリを貴重な栄養補助食品として利用し、酵素の効果を得るために大いに役立てていきましょう。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ